アベの釣り自慢

アユ釣り9回目

2019-08-15(木)

今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店の屋上から)

13日は先輩Sさんと寒狭川上流へアユ釣りに行ってきた。

オトリ店主から『暑すぎて釣れないよ』と言われて水温の低い

上流部へ向かった。(Sさんの指示通り)

通称『高鉄橋』と呼ばれているところ。

まるで渓流釣りのような鮎釣り。

午前9時30分ごろから釣りを開始したがサッパリ釣れない。

言い訳はしたくないが購入してきたオトリアユが最初から

浮いてしまい水面をくるくる回る始末。

Sさんは弱って流されたオトリアユに偶然アユが掛かって貴重な1匹ゲット。

午前11時。お互いに釣れる気がしないと場所替えを決断。

アユ釣りの大変さはこの場所移動。

竿や引き船の他、たっぷり水を入れたオトリ缶を担いで

急な崖を担ぎ上げなければならない。

場所が『高鉄橋』と呼ばれるだけに想像がつくと思う。

これはSさんより若い僕の暗黙の仕事。

ハアハア、ゼイゼイ言いながら崖を登り、車で下流へ。

ここでオトリアユがすべて使い物にならない状況だったので

違うオトリ店で再度買いなおし。

オトリアユは回転の良い店で買うべし。(オトリ店もSさんの指示の店だった)

次に入川したところは中流域。Sさんが前回良い思いを

したところだそうでまっしぐらにそのポイントに入られた。

『前回に午前中だけで8匹も釣っとる場所やでねぇ~』とSさん。

オトリはSさんが先ほど釣ったばかりの天然もの。

竿を立てての泳がせ釣りでオトリがぐんぐん上流にのぼる。

もう、いつ釣れてもおかしくない状況だったが釣れない。

一方の僕は買ったオトリで気分一新釣るもやっぱりダメ。

昼食にしてこの日3度目の場所替え敢行。

午後2時30分。今度は支流の当貝津川へ。↓

Sさんが『新規開拓やからここで車を止めて』と指示。

ここも道路から川までは道なき道を下る。途中ヤバイところも。

もちろんオトリ缶担ぎは僕。

そしてSさんは日陰のトロ場に釣り座を構えてゆっくり釣り始めた。

僕は7,6mの短竿に変えて川を200mくらい上がって写真上の

ポイントを見つけて竿だし。

ここでもすぐには釣れず、岩に腰かけてアユを操作していたら

水中でギラッと野アユが反転したと同時に下流に目印がビューン。

この瞬間まで釣り始めてから7時間経過。長かったぁ~。

貴重な1尾を確実に確保しないといけない。慎重に竿を立てると、

頭の上でガサッ。

すっかり木の枝でおおわれていることを忘れていた。

しかし、僕は運がイイ。枝がちょうどよい弾力になってグイグイ走る野アユを

上手に抑え込んでいてくれた。まるで天然のシーソーみたいに。

それをタモですくったのだ。

そしてここで何とか1匹釣ってからやっとエンジンが掛かって

アユもコンスタントに釣れ出した。↓

一時はボーズも覚悟したがアユ釣りは分からないもの。

午後5時30分までに場所移動しながら9匹釣った。↑オトリアユ除く。

それも20cmオーバーだったからまさに地獄から天国。

あと1匹釣れば待望のツ抜け達成だったがこの日はそんなことは

どうでも良かった。

何しろボーズと紙一重だったから超ラッキーとしか思えなかった。

先輩Sさんは1匹追加して合計2匹で終了。

これで今シーズンのアユ釣りは9回釣行して143匹。1回平均15匹は変わらず。

トータルでSさんをちょっと引き離した。

おまけの話

釣ったアユは次男家(K君家)と娘の家に持って行った。

娘のところでアユの塩焼きを食べながら主人のM君と前日のタイ釣りの反省会。

夏休みも頭の中は魚一色。

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    ミニグラインダーの出番

    2019-07-25(木)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  2. ベルのしっぽ

    あこがれ

    2019-04-18(木)『しっぽ』はあって…

  3. アベの釣り自慢

    仕事後に釣り

    2019-06-27(木)『しっぽ』はあってもなくて…

  4. ベルのしっぽ

    今年初のハゼ釣り

    2019-08-21(水)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  5. アベの釣り自慢

    鮎釣り3回目

    2019-06-18(火)『しっぽ』はあってもなくて…

  6. ベルのしっぽ

    アユ釣り遠征の準備

    2019-08-04(日)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    講習会と小倉の街
  2. アベの釣り自慢

    浜名湖のタイ釣り27回目
  3. ベルのしっぽ

    徹夜のタイ釣り
  4. ベルのしっぽ

    年を取ると忙しくなる
  5. ベルのしっぽ

    アクアリストと呼んで
PAGE TOP
Translate »