戦力外の季節


イベント詳細


今年も戦力外の季節となり、各球団から来季から戦力から漏れた選手が発表された。各球団70人の支配登録枠がある中で毎年ドラフトやFAなどで新勢力がくる影では、こうして球団を去る選手が出るのである。そこで思うのが支配枠は70人が適正かどうかである。今では支配登録しない育成枠をもうけて、1軍戦には出れないが2軍戦には出場できる育成枠を何人か囲い込む球団はある。今年もドラフト1位や20代前半で首を切られた選手たちを見ると枠だけで弾かれてしまった感がある選手たちがいるので支配枠をもう少し少なくできないかと考えることもできる。しかしそれでは、プロ野球選手を目指す選手たちの夢を枠の制限により奪うことになりかねない。非常にシビアな問題だ。人口減少により野球人口の原種が叫ばれる中、時代合わせた支配枠のルールを見直すべきではないか。

  1. 新着情報

    6月23日(日曜)の臨時休業のお知らせ
  2. 新着情報

    天然のアミノ酸を手軽に!アミノズドーン・タブ
  3. 新着情報

    天然のビタミン剤!アイネイチャー・セレクト
  4. 新着情報

    身体を大きく!成長期にはアミノズドーン
  5. 新着情報

    リカバリーの専門家!BCAAズドーン
PAGE TOP
Translate »