二兎を追う者は一兎をも得ず。


イベント詳細


7月3日はWヘッダーで日中はアユ釣り、ナイターでタイを狙った。

結果はどちらも釣れず。

こんな日記は実に書き辛いが反省のため書く。

まずはアユ釣り。

場所は愛知県の最奥部にある豊根村を流れる大入川。

午前7時前に自宅を出発。新東名の岡崎東ICからのって新城ICで降りて
ひたすら山道を長野県飯田方面に向かう。

現地には約2時間後の午前9時着。
村の唯一の雑貨店で日釣り券とおとりアユ2匹購入。

狙っていた黒川橋下流に入川。先行者は3人。
話しかけると2~3匹釣られたという。

シメシメ。今日は釣れそうな予感。アドレナリンがどっと全身にみなぎる。
おとりをゆっくり流れの中に送り込む。この最初の動作が一番わくわくする。

そしておとりが流れになじんだ頃合いを見てゆっくり上に引き上げていく。

10分経過。30分経過。ついに2時間経過したがおとりアユに反応なし。

その間に下流の先行者は1匹、2匹と釣られていたので焦る。
さすがに2時間もおとりを引っ張ると元気が半減したので2匹目のおとりに
リリーフを仰ぐ。

このおとりは元気もので鼻カンと背バリを打つと一気に対岸のヘチまで
一直線。先行者は対岸のヘチで釣られたようなので大いに期待。

ところが待望のアタリでおとりアユが追われて何と対岸の木に
根掛かり。大いに落胆。

この時に見なければよかったが先行者がダブルでヒット。
この差はなんだ。場が荒れるのでやむなく糸を切ってマイナス1匹。

場が悪いと判断して上流200mほど歩いて移動。

川が分流していて左岸側には誰も居ない。狭い分川の流れは強い。
残り1匹のおとりを再登板。背バリを打ってキツい流れにねじ込む。

しばらくしてゴツゴツと小気味よいアタリ。

やっと掛かった。ここまで3時間経過。長かった。これで勝負ができる。

そう思いながら竿を立ててまさに抜く寸前だった。

プチーン。

2匹のアユが水面から出た瞬間にラインが切れてしまった。
イカン、イカン。昨年の古い仕掛けだ。後の祭り。

ふわりと目印の付いた糸が頭に降ってきた。
このむなしさはやった者しか味わえない。いや、味わいたくない。

マイナス2匹。おとり終了。終わってしまった。

車に戻って昼食をとりながら考えた。このまま浜名湖で第二ラウンドの
タイ釣りには時間が早すぎる・・・・・。

とすると、再度おとりアユを購入して釣りを続行するしかない。
同じおとり屋さんで買うのが恥ずかしかったがこれも勉強のうち。

まあ、さっきは普段着。今回はバリバリのアユ釣りスタイル。おまけに
偏光グラスでは店主も分からないだろう、と。

店のドアを開けるなり『いらっしゃい。あっ、さっきのお客さん』。

以下割愛。

店主に同情で教えられた場所に行く。

ここでも釣れずに移動移動の釣りで3時間かけてやっと2匹釣る。
もう疲れてフラフラ。つまりこれでプラスマイナス0というあんばい。

そこで思ったのがマイナスで終わらなくて良かった。

切り替えて再び山道を2時間かけて浜名湖へ向かった。

途中休憩をして午後7時にタイ釣り開始。

午後9時まで1度もアタリなし。

しかもこの頃から雲行きが怪しくなって生ぬるい風が・・・。気持ち悪くなり、
釣りを断念。

これでタイは2連敗。アユとダブルのボウズは初。

これで立ち直れたら自分はまた強くなれる。
そう思って今夜も仕掛け作り。

 

 

 

 

  1. アミノズドーン1kg

    新着情報

    アミノズドーン1kgの入荷遅延のお知らせ
  2. 新着情報

    徳用スーパーズドーン3.175kgの入荷遅延のお知らせ
  3. 新着情報

    BCAAズドーン300gの入荷のお知らせ
  4. 新着情報

    徳用スーパーズドーン3.175kgの入荷遅延のお知らせ
  5. 新着情報

    徳用BCAAズドーン2.2kgの入荷のお知らせ
PAGE TOP
Scroll Up