アユ釣り6回目。


イベント詳細


7月31日と8月1日と岐阜県高山方面へ先輩Sさんとアユ釣りに
行ってきた。

前日、ホテルの予約を入れて釣りの準備をしているとひょっこりSさんが
ご来店された。そして『一人でこっそり行くなんてズルい。オレも連れて行きなさい』。

『ホテルを追加して』と。

あっさりまた二人で行くことになった。

しかしまあ、Sさんはどこへ行くとも知らないのに一緒に行くというから
この気ままさにはいつも驚かされるし、うらやましくもある。

さて、当日は午前5時30分ピッタリにSさんが来てくれたので道具を
たっぷり乗せて岡崎インターから目的地の飛騨方面に向かう。

おとりと日釣り券を買って高原川が初めてのSさんをとっておきのポイントへ
案内する。午前10時前にSさんと並んで竿だし開始。

川には見える範囲で僕たち以外2人だけ。この開放感が自分は何ともたまらない。

10分ほどで1匹目が掛かった。アユ釣りはこの1匹目がその日の釣果を左右する。

おとりが天然に替わると立て続けに3匹。これは快感。

4匹目はドカーンと22センチが釣れた。↑

ここまでSさんはボウズだったので僕の天然をあげると、
しばらくして待望の1匹を釣られた。

それを見届けて僕はSさんと別れて下流100メートルへ移動。

昼までに15匹釣る。↓

全体に小ぶりのアユだったが引き味は最高。掛かるとゴッ、ビューンと言う感じ。

Sさんもツ抜けしたので移動して食事タイム。

上宝地区から10数キロ下流域の神岡地区で午後の部を開始した。ココまでくると
富山まであと30キロ足らず。

ここはSさんが好きなトロ場。ゲストに楽しんでもらわなければいけないので
けっこう気を遣う。

しかし、高原川特有の谷風が吹き出した。この風に苦戦して午後からは
8匹で合計23匹だった。Sさんは午後11匹釣って合計21匹。

1時間20分かけて宿泊先の臥龍温泉(高山市)に行く。そして天然のオトリ鮎を
河原に漬けてからチェックイン。

翌8月1日は久々野を流れる益田川上流へ行く。藤本オトリ店で日釣り券を購入して
情報取集。解禁日にボウズの人が多かったが今は良くなりつつあると。

午前9時竿だし。

開始早々イワナが掛かる。深みのある瀬で釣れたのでグイグイ引っ張り回される。

おとりがグロッキーになり2匹目のおとりにリリーフ。

しかしサッパリ釣れずに時間だけが過ぎていく。ここまで100メートル前後を
動いたので自分もグロッキー状態で石に腰かけて釣っていたらゴツゴツと来た。

18センチ前後のバリバリのアユに急にやる気が出た。

そしてこれをおとりにすると一発で掛かる。なんと8連発で午前中終了。

河原で食事をして午後から移動するかSさんと協議。
Sさんは午前中チビばかり3匹だったので絶対に移動するという。

僕は反論して下流の渕頭が空いたのでそこに入りたいと強く言う。

結局、酒を飲んだSさんが折れた。運転ができないため。

しかし、これが大正解だった。

Sさんがここで大爆発。20センチオーバーを連発させてこの日の合計を10匹
にした。感謝されたかどうかは分からない。僕は5匹追加して合計13匹。

午後5時に終了してノンストップで岡崎まで走る。帰宅すると午後9時。

写真はイワナ。

これでアユ釣りは6回目。ここまでの合計71匹。
やっと平均釣果をツ抜けにする。

 

  1. 新着情報

    グルコサミン250の品切れのお知らせ
  2. 新着情報

    徳用アミノズドーン2.2kgの品切れのお知らせ
  3. 新着情報

    8月5日(土曜日)営業時間変更のお知らせ
  4. 新着情報

    徳用BCAAズドーン2.2kgの品切れのお知らせ
  5. 新着情報

    徳用スーパーズドーン3.175kgの品切れのお知らせ
PAGE TOP