ルアーのタイ釣り21回目。


イベント詳細


ルアーのタイ釣り21回目。

定休日の11月13日は浜名湖へルアー釣りに行った。

まずは先週釣果を出した猪鼻湖へ。

日没に合わせてウエーディングしたが今回はしっかりエイガードで
装備を万端にしたのでまるで鎧を装着したみたいに重い重い。

理由は先週無防備でエイを踏みそうになったから。

岸から50mほど立ち込み、少しずつ移動しながらキャストとリーリングを
繰り返しタイの居場所を探った。

ルアーチェンジを繰り返すも1時間アタリ無し。

そして午後7時を過ぎたころようやくゴツというタイ特有の
重いしっかりした当たりに居ることを確信。

タイは回遊魚なのでこの『居る』の確認がとれると俄然やる気と勇気がわく。

そこを集中的に狙ってついに30cmジャストのキビレを引き出した。

写真を撮ろうと準備した時だった。突然空が真っ暗になりどしゃ降り状態に。
事前の天気予報にもない自然現象に慌てふためく。

急いで海から上がろうにもエイガードなどの装備が邪魔をして早く動けない。
とくに足が固定されるので階段は手を使わないと上がれない。

ほんとうに安心は欠点だらけ。

この日の釣果。30センチと23センチのキビレ。23センチはノーカウント。

やっとの思いで車まで戻ると弱い雨に変わったがずぶ濡れ。

車内で着替えたところにガンダムSさんからのメール。
『仕事が終わったので今から浜名湖に向かいます』と。

待ち合わせの場所は先週ガンダムSさんと仲間たちが6匹釣った場所。

ナビを入れるとそこまでの所要時間が35分と出た。浜名湖は広い。
今から走れば高速道路利用のSさんとドンピシャのタイミング。

午後8時過ぎ合流。山道を数百メートル歩いて海に出る。とても一人では
行けない真っ暗な道。肝試しポイント。仲間がいることはありがたい。

そこで二人肩を並べて釣る。

そしていきなりSさんがヒット。35cmほどのキビレだった。
続いて僕がヒットさせたが小型の23cmキビレ。

午後9時30分。再度場所移動して釣り開始。

そこでもSさんが小型のキビレをヒットさせた。
ところがである。フイシュキャチャーで吊るしたキビレを持ったSさんが
慌てて周りにライトを照らして何かを探していた。

『腰に付けていたストリンガーが無いんですよ』とSさん。

見るとサビで朽ちたストリンガーの金具がライフジャケットのストパーに
くっ付いていた。魚とともにストリンガーが消えていたのだ。

あぁ、あのストリンガーを付けたタイはどうなってしまうんだろう。
一緒に探したが見当たらない。

実はこの日、僕のウエーダーのソールが剥がれて大変な思いをした。
ちょうどどしゃ降り状態のときだった。

トラブルだらけの釣行だったが二人とも結果が出てまずは良かった。

Sさんは今日仕事中に頑丈なストリンガーを釣具店で購入されたようだ。
僕は明日からウエーダーの修理。

真空パックして来週の講習会のネタに使用。

これで今シーズンのルアーのタイ釣りは21回17匹になった。

  1. 新着情報

    年末年始休業のお知らせ
  2. 新着情報

    グルコサミン250の入荷のお知らせ
  3. アミノズドーン1kg

    新着情報

    アミノズドーン1kgの入荷のお知らせ
  4. 新着情報

    徳用スーパーズドーン3.175kgの入荷のお知らせ
PAGE TOP
Scroll Up