コンピューター将棋。


イベント詳細


2018-02-07(水)

『しっぽ』はあってもなくてもいい。 そんな気軽な気持ちで
書いている絵日記。

まずは今朝8時、岡崎の空です。(撮影 Olympus Tough f2.0)

定休日にじっくりと将棋ソフト『将皇』のレベル5に挑戦してみた。

レベル1から始めてレベル4までは負けなしで進んだが5は強い。
レベル5は過去に10回対局して今回の勝ちで3回勝利。つまり勝率は3割。

これでは最高レベルの6とやってもまったく勝ち目はない。修行の日々が続く。

将皇のバージョン4.2

レベル5を設定して対局開始。(画面左下LV5)

103手で僕の勝ち。↑

相居飛車から腰掛け銀、角換りで勝利した。

局面を観ると圧勝したかのようだがコンピュータの△2六歩の垂らし。
1八飛からのキツイ攻めをしのいで逆転で指し切った。

ところで将棋は無心で指しているときに思わぬ力が出る。
それは手数で現れるから実に分かりやすい。

プロの棋士たちの平均手数は112手と言われている。つまりその手数に
近づくほど良い勝負ができている証拠。

また将棋は対戦相手と二人で棋譜を作り上げるゲーム。

相手と力の差があるとあっけなく勝負がついてしまうから
数十手で終わってしまう。

ここに耐えて壁を乗り越えてレベルを1ずつ上げていくおもしろさにハマっている。
僕が単独で夜釣りに行ったりする孤独力は将棋で鍛えている。

アベの釣り自慢 http://www.bss-abe.co.jp/fishing/

講習会日記へhttp://www.bss-abe.co.jp/lecture/

10月1日K君の今年2回目の将棋大会。

K君の将棋大会結果発表。

  1. 新着情報

    年末年始の休業のお知らせ
  2. 新着情報

    ベルのしっぽについて
  3. 新着情報

    スポーツドリンクに最適!筋持久力を高めてリカバリー力アップ
  4. 新着情報

    この冬場に強靭な身体作りを!徳用スーパーズドーン
  5. 新着情報

    痛みを修復する成分を強化!ペインコントローラーS
PAGE TOP
Translate »