新しい戦術。


イベント詳細


2018-04-13(金)

『しっぽ』はあってもなくてもいい。 そんな気軽な気持ちで
書いている絵日記。

まずは今朝8時、岡崎の空です。(撮影 Olympus Tough f2.0)

昨年のデーターを見ると3月27日から浜名湖へ通いだして
タイの初釣果があったのは4月24日だった。

そこから累計が6匹になった日が5月8日。今シーズンは4月10日時点で
早くも累計が7匹となり、過去を振り返ってもここまで絶好調のシーズンはない。

データーを取ることで僕にとってとてつもない力がわく。

数字に強いガンダムSさんがこのまま好調を維持すると
今シーズンの僕のタイは114匹釣れますと、予想してくれたが果たして・・・。

ちなみに過去最高は6年前の78匹。今年も夢を追う。

さて、昨日の名人戦で羽生竜王が佐藤名人に勝って通算勝利を1400
勝にされた。

名人戦七番勝負の初戦を大接戦で勝利された。

写真はAbema動画。↑この局面で佐藤名人が投了された。

佐藤名人の手番で馬が逃げたら▲4一銀△同王▲6一竜△5一桂▲5二金の即詰み。

僕は仕事をしながら二日間かけて行われた試合をAbema動画で見ていた。

序盤から玉を囲わずに駒の取り合いでとてもトップ棋士同士の勝負には
見えず、将棋がまったく新しいゲームに生まれ変わっていると認識せざるを得なかった。

羽生竜王の勝利インタビューでは興味深い話をされた。

羽生竜王は大山十五世名人を目指して棋士になられた。『その大山先生の
将棋は懐が深く、毎回違う将棋を指されていました』と。

だからかあのような戦術的に激しい将棋を指されたのだなぁ~と感慨深く思った。

これを僕の釣りに応用するとまだまだ進化できる。

ルアーでタイを釣るのは同じだが今までと同じ釣り方では毎年結果は変わらない。
僕にはルアーを常に動かし続けて釣るクセがある。本物のエサに見せるためだ。

この固定観念を打ち破らないとダメだと昨日の将棋を見て勉強させられた。

そのこころは『止めて釣る』だ。今年はこの戦術を自分のものにしたい。
114匹が夢ではなくなる日が見えてくるかもしれない。

アベの釣り自慢 http://www.bss-abe.co.jp/fishing/

講習会日記へhttp://www.bss-abe.co.jp/lecture/

10月1日K君の今年2回目の将棋大会。

K君の将棋大会結果発表。

  1. 新着情報

    成長期の方にはアミノズドーン!
  2. 新着情報

    9月30日(日)の営業日のご案内
  3. 新着情報

    北海道地震の影響による配送遅延につきまして
  4. 新着情報

    スポーツドリンクに最適!筋持久力を高めてリカバリー力アップ
  5. 新着情報

    痛みを修復する成分を強化!ペインコントローラーS
PAGE TOP
Translate »