浜名湖のルアー釣り8回目。


イベント詳細


浜名湖のルアー釣り8回目。

7日、GW明けの浜名湖は大荒れの天気だった。

突風と横殴りの雨。それでも風裏に回って
前線が通過するまで木陰で待機を繰り返しながら釣り続行。

その結果がコレ。↓

クロダイの33センチからキビレの36センチまで型が揃った。

7日の午後4時30分、浜名湖着。

岡崎を出る時、雨は降っていなかったが浜名湖は雨。
問題は海水の濁り。泥濁りでは釣りにならない。

ラッキーなことに透明度は目測で30センチくらいはある。
これなら釣りは出来る。

波打ち際が透明なら過去の経験からルアーで釣れる。↑

しかし、ウエーデイングして正面にキャストすると写真のように
ロッドが風で曲がってしまう。

これではルアーは飛ばないし、タイの微妙なアタリもとれない。

この日は東南の風だったので風裏ポイントへ歩いて移動。

急に降ってくる雨と強風時は海から上がって木の下へ避難。
前線は15分ほどで通過したので通り過ぎると無風になる。

そのチャンスを逃さず釣った。

当たりは2時間近く無かった。それでもタイはどこかに居るはずと、
ランガンを続けていたら午後6時15分。ついにキビレがヒットした。

サイズは34センチだったが強烈な引きを繰り返したので
外れるなよ、と祈りながらネットインを成功させた。

この1匹はほんとうにうれしくて、もうこれでいつでも帰れると
いう楽な気持ちになれた。

そしてその10分後に33センチのクロダイが釣れた。↓

濁りが入った時はオレンジ系のワームがいい。
データーの釣りが見事に当たるとこの上ない幸せ感を感じる。

その後もアタリの度にヒットして午後8時55分にこの日最長の
36センチのキビレを釣って海から上がった。

4時間30分で8回のアタリ。内6回ヒットさせたから我ながら
超が付くラッキーな釣りができた。

魚は内臓処理して真空パックして冷凍庫へ。

今日は今から名古屋市のS高・野球部の講習会。

さっそく手土産に持って行く。
タイは珍しいのでとても喜ばれるからありがたい。

これで8回釣行23匹になった。例年より驚異的な速さ。
ところで2017年度は23回25匹。含み笑いが止まらない。

  1. 新着情報

    熱中症注意!タブレットで塩分補給
  2. 新着情報

    夏季休暇のお知らせ
  3. 新着情報

    8月4日(土)の営業時間変更のお知らせ
  4. 新着情報

    クエンちゃん500gの入荷のお知らせ
  5. 新着情報

    アミノズドーン1㎏、徳用アミノズドーン2.2kgの入荷のお知らせ
PAGE TOP
Translate »