幻の魚が釣れた


イベント詳細


2019-02-27(水)

『しっぽ』はあってもなくてもいい。 そんな気軽な気持ちで 書いている絵日記。

まずは今朝8時、岡崎の空です。(撮影 Olympus Tough f2.0)

昨日の定休日はカミさんと多治見市へ行ってきた。

予定のT高・T監督にお会いしてからぶらっとまち歩き。

多治見駅西の広場。↑

散歩道と小川の景観が抜群。『多治見メダカ』が居ないか探し歩いたがハエしか見当たらなかった。

最後はうなぎのうな千さんへ。↑

さて、25日は予定通り一人で清水へ釣りに行ってきた。

今シーズン6回目のルアー釣りもまたまた本命のタイは釣れず。

ただし、外道で幻の魚と言われているキジハタが釣れた。↓

釣り方はタイと同じでワームをキャストして底をずる引くだけ。

続いて20センチオーバーのカサゴ。

またまたカサゴ。

ワームはジャクソンのチヌころクロー。

ズル引きを止めると浮力で両手を上げてファイテングポーズをとる。

これがタイを挑発するはずだったが午後10時30分の潮止まりまで外道しか釣れなかった。↓

キジハタとカサゴ2匹は刺身にした。残りは煮付けに。

3枚に卸したキジハタ。↑

刺身にしたキジハタ(上段)とカサゴ。

どちらも白身で見分けがつかないが食感はカサゴのコリコリ感に対してキジハタはハマチに似たサクサク感。

今回は一度もタイらしきアタリは無かった。

無念のひとこと。

アベの釣り自慢 http://www.bss-abe.co.jp/fishing/

講習会日記へhttp://www.bss-abe.co.jp/lecture/

  1. ベルのしっぽ

    魚の寝方
  2. ベルのしっぽ

    あぁ~三枚目
  3. ベルのしっぽ

    株主優待
  4. ベルのしっぽ

    K君3位入賞
  5. ベルのしっぽ

    Amazonプライム・ビデオ
PAGE TOP
Translate »