鮎の初釣り。釣果は


イベント詳細


2019-05-29(水)

『しっぽ』はあってもなくてもいい。 そんな気軽な気持ちで 書いている絵日記。

まずは今朝8時、岡崎の空です。(撮影 Olympus Tough f2.0)

定休日の27日は一人で今シーズン初のアユ釣りに行ってきた。↓

場所は愛知県東栄町の振草川。

6月からは本格的にどこの川も解禁するのでその前に一度竿を出しておきたかった。

しかしながら夜はタイを釣りたかったのでアユ釣りは午後から開始した。

釣りのWヘッダー。昼ごろ現地着。

最初に入ったポイント(通称プラント前)で釣れずボーズを覚悟した。

車で場所替えした桃源橋で午後2時にやっと初物ゲット。

ここからポツリ、ポツリと掛かり6匹釣ったところで終了。↓

釣れただけで満足。平均17センチ。

休む間もなく午後4時、浜名湖に向かう。

薄暗くなった午後7時前、ウエーデングして釣り開始。

1時間後に竿をひったくるような強烈なアタリでタイがヒット。

やり取りの最中にルアーが外れてバレ。

ヘタヘタと力が抜けて釣り終了。と言うかもう集中力が限界。

鮎釣りは6匹。タイはボーズで終わる。

ここまでルアーのタイ釣り15回、8匹は変わらず。

おまけの話

振草川のアユは2017年度の『利き鮎会』で準グランプリをとった価値ある魚。

昨夜はそれを味わいながら塩焼きを食べた。

確かに鮎こそ場所によってこんなにも味の違いがある魚はない。

アベの釣り自慢 http://www.bss-abe.co.jp/fishing/

講習会日記へhttp://www.bss-abe.co.jp/lecture/

  1. ベルのしっぽ

    釣り師は短気か?
  2. ベルのしっぽ

    釣りは道具で決まるのか
  3. ベルのしっぽ

    K君(小2)ついに優勝
  4. ベルのしっぽ

    いいもの見つけた
  5. ベルのしっぽ

    名古屋城こども王位戦
PAGE TOP
Translate »