その時が来てしまった。


イベント詳細


2018-01-26(金)

『しっぽ』はあってもなくてもいい。 そんな気軽な気持ちで
書いている絵日記。

まずは今朝8時、岡崎の空です。

今朝も真っ白。

ところで昨夜、ついにその時が来てしまった。

2018年1月25日午後9時30分。
孫のK君が僕に平手(対等)で勝ってしまったのだ。

6歳と1ヶ月。あまりにも早い負けにその瞬間は声も出なかった。

そして静かに言った。

『負けました』。

予兆はあった。昨年の12月に将棋教室のO先生(5段)に駒落ちで勝って
実力1級があると言われていたからだ。

僕もそのころから駒を落としたらK君には勝てなくなっていたのだ。

初段でも1級とやれば何度かに1回は負かされる。

1972年2月25日、念願の初段をとった日。当時高校生。
ここまでどれだけ努力して苦労したか。それがいとも簡単に・・・。

昨夜は3回目でK君が勝った。

読みのスピードがとてつもなく早い。
近い将来、K君に負け越して勝てなくなる予感さえ現実味を帯びてきた。

まさか小学校に入る前に負けてしまうとは・・・・。
子どもの伸びは想像をはるかに超えるものがある。

外とは対照的に僕の頭の中に黒星が付いた。

T社の講習会日記へhttps://www.bss-abe.co.jp/lecture/

アベの釣り自慢 https://www.bss-abe.co.jp/fishing/

10月1日K君の今年2回目の将棋大会。

K君の将棋大会結果発表。

HK高校・野球部(愛知県・公立)前のページ

余談力。次のページ

  1. ベルのしっぽ

    蟹は隠れ家が決めて
  2. ベルのしっぽ

    今日も・・・。
  3. ベルのしっぽ

    Amazonプライム・ビデオ
  4. ねずみアンテナ

    ルール改正の裏では?
  5. ベルのしっぽ

    ロールオーバー完了
PAGE TOP
Translate »