思い出の駒。


イベント詳細


2018-03-10(土)

『しっぽ』はあってもなくてもいい。 そんな気軽な気持ちで
書いている絵日記。

まずは今朝8時、岡崎の空です。(撮影 Olympus Tough f2.0)

将棋の駒は使い込むほどに黒光りして味が出る。

こちらは初段をとるまで使った思い出の駒。現在はほとんど使用していない。↑

こちらは現在主に使っている駒。

昔、記念に頂いた『彫駒』で大事に保管していたが飾って置くだけでは
もったいないと使い始めた。

使い方はもっぱらプロ棋士たちの対局された勝負の局面を
棋譜に沿って並べて行く。

明らかにやる将棋から観る将棋へと変化した。
勝負の分岐点では手を止めてプロ棋士が指した手を読む。

これが殆ど当たらない。

その時に、やっぱりプロは凄いと感じる瞬間がたまらない。

駒の材質はツゲ。
本場、山形の天童市で作られたものが一番。早く行きたい。

行ったら憧れの『彫埋駒』を買っちゃうかも。

アベの釣り自慢 https://www.bss-abe.co.jp/fishing/

講習会日記へhttps://www.bss-abe.co.jp/lecture/

10月1日K君の今年2回目の将棋大会。

K君の将棋大会結果発表。

理想の師弟関係を観た。前のページ

チーズパンを焼いた。次のページ

  1. ねずみアンテナ

    モノより思い出
  2. ベルのしっぽ

    メダカの大移動
  3. ベルのしっぽ

    釣り日誌
  4. ベルのしっぽ

    僕のアユ釣りはいつから
  5. ベルのしっぽ

    鮎ダモ
PAGE TOP
Translate »