予想外の魚を釣る


イベント詳細


2019-06-26(水)

『しっぽ』はあってもなくてもいい。 そんな気軽な気持ちで 書いている絵日記。

まずは今朝8時、岡崎の空です。(撮影 Olympus Tough f2.0)

24日(月)の定休日は一人で浜名湖へルアー釣りに行った。

そこで予想外の魚を立て続けに釣る。

夕日が沈むころからウエーデングして釣り開始。

小さなタイらしい当たりが数回あったが竿にのらない。

潮が干潮から満潮に向かって動き出したその時、

ブルン、ブルンとしたショートバイトを合わせるとヒット。

なんと50センチくらいのアナゴだった。

ルアーでアナゴを釣ったのは初めて。即リリース。

続いてガッツンとヒット。

これが戦車のような重量感タップリの引き。

もしや?と思いながら寄せ切ると『エイ』。

ルアーを外して逃がそうと思ったが、他の釣り人がエイに刺される危険性を

考え処理した。これがあるからウエーデングは要注意。

その時にお客さまのWさんから『エイを釣ったら欲しい』と言われていたことを

思い出して持ち帰ることに。

エイを解体して真空パックして冷凍保存した。↑

(Wさん、もしこのブログを見られましたら引き取りに来てください)。

この日は午後10時前から急に雨が降り出してここで釣り終了。

直前に30センチに満たないクロダイがヒットして何とかボーズを免れた。

30センチ以下はノーカウントなので数には入れない。

ところで、エイはとてもおいしいと言われているが僕は食べる勇気が無い。

エイの解体は意外に簡単だった。

骨と身と内臓がはっきりしているから。

これでルアーのタイ釣りは19回17匹は変わらず。

このところタイもアユも不調。

おまけの話

この日、ウエーデングしている僕の後ろから声がした。

『ボクもここで釣らせてもらっていいですか?』と。

『どうぞ、どうぞ。今、アタリがあったから釣れると思いますよ』と

僕が答えて意気投合。

その後は初対面同士二人並んで話しながら釣った。

若いKさんと言われるその人は浜名湖のある浜松市が地元。

先行者に声をかけてから釣るこの姿勢にKさんのマナーの良さを感じた。

僕も必ず声掛けをするのでとても気持ちの良い釣りができた。

何より先にタイを釣ったのはKさんだったから二人で喜んだ。

Kさんはずーとボーズが続いていたそうだ。

僕のアタリがあったという言葉でモチベーションが上がって

釣ることができたと嬉しそうに話された。

釣りはこんなたのしい出会いもある。

アベの釣り自慢 https://www.bss-abe.co.jp/fishing/

講習会日記へhttps://www.bss-abe.co.jp/lecture/

臨時休業します。前のページ

  1. ベルのしっぽ

    25%と穴場
  2. ベルのしっぽ

    自然の力
  3. アベの釣り自慢

    仕事後のタイ釣り3回目
  4. アベの釣り自慢

    ハゼ釣り1回目
  5. アベの釣り自慢

    刺身
PAGE TOP
Translate »