ベルのしっぽ

メダカの卵採取

2022-04-17(日)

今朝もメダカの卵を採取した。↓

こちらは皇帝ヒレナガの卵。↑

貴重なメダカなので卵の数も少ない。

皇帝ヒレナガ。↑昨年撮影。

雨で外の水温が10度しかなかったので室内に移動した皇帝ヒレナガの孵化容器。↓

サーモスタッドを入れて水温を25度にセット。

メダカの積算温度は250度なので10日後に孵化する予定。

こちらは外の孵化水槽。↓白、黒、青、赤メダカの混成卵。

水温は昨日の18度から10度まで下がった。

慌ててサーモスタッドを投入して温度を上げた。↑

孵化前の水温低下は過去の経験から孵化率を下げる。

メダカがデリケートになったのか高級化したのか分からないが以前ほど卵を産まなくなったし、孵化率も悪くなった。

魚は分からないことだらけ。

初物前のページ

二連勝なるか次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    僕のメンタルトレーニング

    2021-12-23(木)水槽を大掃除すると…

  2. ベルのしっぽ

    変化

    2021-01-17(日)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  3. ベルのしっぽ

    何も咲かない冬は根を伸ばせ

    2020-12-26(金)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  4. ベルのしっぽ

    貝を食べる魚

    2019-05-02(木)『しっぽ』はあって…

  5. ベルのしっぽ

    ラーメンの燻製

    2021-02-10(水)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  6. ベルのしっぽ

    日課

    2023-05-11(木)今日も快晴。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アベの釣り自慢

    年無しクロダイの刺身
  2. アベの釣り自慢

    鮎の初釣り。釣果は
  3. アベの釣り自慢

    イワガニのエサやり
  4. ベルのしっぽ

    みょうがの新芽
  5. ベルのしっぽ

    モエビの初産卵
PAGE TOP
Translate »