アベの釣り自慢

チニング17回目果たして・・・

2023-10-17(火)

昨日の定休日は単独で浜名湖へ釣りに。

17:10 ウエーデイングして釣り開始。↓

日没。↑

気温20度、強風(4m/s)でウインドブレーカーを着ていても寒い。

救いは海水温が先週と同じ20度あったこと。

タイは寒くなるとエサの食いが悪くなるのでアタリが取りにくい。

つまり、ルアーの釣りが極端に難解になる。

これを解決するために、今まで使っていたルアーウエイトが10gまでのロッドから3g用に替えた。

同時にリールに巻くPEラインも限界まで細くした。↓

チニングロッドからアジングロッドに交換。↑

ルアーの重さとロッドが合っていないとルアーが飛ばないし、何よりも繊細な釣りができない。

しかし、風には困った。ルアーが軽すぎて風で飛ばない。

苦肉の策は風上に回り込んで風下側へキャストする方法。

膝くらいの水深から腰まで立ち込む。

すると『わぁ!冷たい』。

何とウエーダーの水漏れである。

購入して3年目。やっぱりウエーダーの寿命は3シーズンだ。

乾燥させてからウエーダー内に水を入れて浸透場所を探し、ダメもとで一応修理してみる予定。↑

ところで肝心の釣果は

大潮の満潮直前から潮が動き出すと立て続けにクロダイがヒットした。↑

2匹目もクロダイ。↑

こんな調子で5匹までコンスタントにヒット。

6匹目は35cmクロダイ。↑ この日最高の引きを味わう。

ストリンガーのフックが6個しかなくてここで釣り終了。↓

クロダイは最後に釣った35cm以外すべて30cm未満でノーカウント。↓

これで17回釣行24匹。(昨年の18回釣行20匹を超す)

13回連続ボーズなしの記録を更新。昨年のXディ(ボーズの日)は10月24日だった。

刻々とその日が近づく。

海から上がると濡れた体が寒くてガタガタ震えだした。車までが異常に遠く感じた。

すぐに着替えて何とかセーフ。

1時間30分かけて自宅へ帰るとちょうど深夜0時。

休む間もなく釣り具の水洗いをして干す。海水でサビるから。

その後は魚の捌きが待っている。

これが僕の生きがいだから『ほんと、バカだねぇ~』

月日場所魚種サイズ
匹数
11/13浜名湖ボーズ
0
10/30浜名湖クロダイ
(20~29を7匹)0
10/23浜名湖クロダイ
34 (18-25を10匹)1
10/16浜名湖クロダイ
35 (21-28を5匹) 1
10/9浜名湖クロダイ
(20-25を7匹)0
10/2浜名湖クロダイ・キビレ36-40 (20)2
9/25浜名湖クロダイ
38 (20)1
9/18浜名湖クロダイ
31 (20-27)1
8/28浜名湖クロダイ・キビレ30-36 (20-21-22-23-24)2
8/21浜名湖クロダイ・キビレ32-35-36-45 (20)4
8/17浜名湖クロダイ
30-42 (20-25)2
7/31浜名湖クロダイ・キビレ30-33-373
7/24浜名湖キビレ371
6/20浜名湖クロダイ
351
6/12
浜名湖キビレ39-40-41
3
5/28浜名湖キビレ31-33-383
5/22浜名湖ボーズ
0
5/15浜名湖ボーズ0
5/8浜名湖チヌ1匹バラシボーズ0
2/6清水港外道のカサゴ1匹18cm0
釣行回数 20回合計25
30cm以下合計 41匹30cm以上の合計 ↑
30cm以下ノーカウント

今年は柿が不作前のページ

ウェーダーの水漏れ修理次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    カッパのはっ水処理

    2021-05-28(金)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  2. ベルのしっぽ

    基礎の元工事がスタート

    2022-09-09(金)昨日は基礎工事の元…

  3. ベルのしっぽ

    ハードルが高いほど長く楽しめる

    2023-03-18(土)ギターを購入してか…

  4. ベルのしっぽ

    初収穫

    2022-06-05(日)今朝、今年初のブラ…

  5. ベルのしっぽ

    夏休み最終日

    2021-08-20(金)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  6. ベルのしっぽ

    気分だけでは続かない

    2024-01-11(木)一つだけ気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アベの釣り自慢

    浜名湖のチニング11連勝なるか
  2. ベルのしっぽ

    ウエーダーの補修
  3. アベの釣り自慢

    大撃沈の馬瀬川
  4. ベルのしっぽ

    オニヤンマ君をぶら下げてみた
  5. ベルのしっぽ

    ベーコンの燻製作り
PAGE TOP
Translate »