ベルのしっぽ

タイのルアー作り

2020-03-13(金)

今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店の屋上から)

毎日コツコツ作っているタイ釣り用のルアー。

ウィードレスシンカーを用意。↑

バイスにウィードレスシンカーを固定してシリコンスカートを巻く。↓

ボビンホルダーを使って巻くとキレイにできる。↑

巻き終わったらハーフヒッチで糸を結ぶ。

瞬間接着剤で固定。↑

バイスから取り外してシリコンスカートを縫い針を使って1本ずつバラス。

シリコンスカートをバラした状態。↑

最後に管付きチヌバリとワームをセットして完成。↓

テストで水を張った容器に入れて状態を確認。↓

ワームが立ち、シリコンスカートはいかにもと言う雰囲気を醸し出す。

実釣ではロッドとリールの操作でラインを引くとワームが倒れて、止めると起き上がる。

これでタイを挑発して釣る。

チニング用のルアーは1個が700~800円する。

ロストが当たり前の釣りなのでこうして自作のルアー作りは欠かせない。

ちなみにここでかかった費用はざっと200円くらい。

昨日はこれを8個作った。フライフィシングの毛ばりを巻く感覚と同じ。

毛ばりはもっと複雑なので時間もかかる。

おまけの写真

ランガンクーラーボックスにフィシングプライヤーを取り付けた。↑

左からフィシングナイフ、フィシングプライヤー、フィシュグリップ、ロッドホルダー、ストリンガー等。

すべての道具はクーラーにキリで穴を開けてネジ止め後に接着した。

清水港では陸っぱりの釣りなのでクーラーに取り付けた方が使い易い。普段はフィシングベルトに装着。

前回プライヤーを忘れて、硬いタイの口に刺さったルアーの取り外しに苦労した。

また一つ、次回釣行のために改善した。

8時半の釣り師前のページ

先輩Sさんと蛤次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    今度の定休日の予定

    2021-01-16(土)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  2. ベルのしっぽ

    燻製作りⅡ

    2020-05-06(日)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  3. ベルのしっぽ

    メダカが見えない

    2020-06-11(木)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  4. ベルのしっぽ

    株主優待

    2019-07-20(土)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  5. ベルのしっぽ

    メダカの孵化率

    2020-11-12(木)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  6. ベルのしっぽ

    見切りを知る

    2019-06-20(木)『しっぽ』はあってもなくて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    短縮時間の有効活用
  2. ベルのしっぽ

    戦国城下町跡
  3. ベルのしっぽ

    サプライズ花火
  4. アベの釣り自慢

    一泊二日でタイ釣り
  5. ベルのしっぽ

    『鮎・持ち物イラスト』を描く
PAGE TOP
Translate »