ベルのしっぽ

受粉

2021-05-16(日)

午前8時、岡崎の空です。(撮影・店の屋上から)

店の花壇にオリーブの花が咲いた。↓

オリーブは異なる種類のオリーブの花で受粉するらしいので玄関前の鉢植えのオリーブを移動して隣に置いてみた。

これで実がなったらうれしい。

こちらは紅帝ヒレナガめだか。↑

赤くすることにこだわってエビやアカムシを与えている。

写真手前のめだかはかなり赤が強くなった。

しかし、今度は産卵がまったく無い。

昨年の今ごろは毎日卵を抱えためだかが居たのに、不思議でしょうがない。

時々、専用の観察容器に入れて魚体をチェックしています。↓


重労働前のページ

チニング9回目次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    石の上にも?年

    2020-09-18(金)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  2. ベルのしっぽ

    真冬に生まれたメダカたち

    2023-01-28(土)今朝も氷点下の朝。…

  3. ベルのしっぽ

    危なかった体験談

    2021-08-13(金)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  4. ベルのしっぽ

    並行作業

    2021-05-26(水)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  5. ベルのしっぽ

    毎朝の仕事

    2021-07-29(木)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    釣りに使う腕時計
  2. ベルのしっぽ

    日々打合せ
  3. ベルのしっぽ

    格好良く言えば市場調査
  4. ベルのしっぽ

    便利なタンブラー
  5. ベルのしっぽ

    渓流釣りの帰りに遭ったこと
PAGE TOP
Translate »