ベルのしっぽ

受粉

2021-05-16(日)

午前8時、岡崎の空です。(撮影・店の屋上から)

店の花壇にオリーブの花が咲いた。↓

オリーブは異なる種類のオリーブの花で受粉するらしいので玄関前の鉢植えのオリーブを移動して隣に置いてみた。

これで実がなったらうれしい。

こちらは紅帝ヒレナガめだか。↑

赤くすることにこだわってエビやアカムシを与えている。

写真手前のめだかはかなり赤が強くなった。

しかし、今度は産卵がまったく無い。

昨年の今ごろは毎日卵を抱えためだかが居たのに、不思議でしょうがない。

時々、専用の観察容器に入れて魚体をチェックしています。↓


重労働前のページ

チニング9回目次のページ

関連記事

  1. アベの釣り自慢

    今シーズン初のフライフィシング

    2022-04-05(火)昨日の定休日は岐阜…

  2. ベルのしっぽ

    育てる

    2021-07-01(木)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  3. ベルのしっぽ

    勝負の道

    2022-01-08(土)今年の釣り目標。…

  4. ベルのしっぽ

    根羽川をフライで釣る

    2023-04-25(火)昨日の定休…

  5. ベルのしっぽ

    自家製のメロン

    2023-08-26(土)初めて作ったプラン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    予定変更
  2. ベルのしっぽ

    やる気が出ない
  3. 講習会実績

    定休日は講習会
  4. ベルのしっぽ

    地図
  5. ベルのしっぽ

    まさか子どもたちが・・・
PAGE TOP
Translate »