ベルのしっぽ

真冬に生まれたメダカたち

2023-01-28(土)

今朝も氷点下の朝。

外飼育のメダカは冷気を遮断するため蓋を被せ、エアレーションしているため問題なし。

蓋の表面に付いた水滴は凍結。↑

室内飼育の親メダカは常温にもかかわらず相変わらず産卵している。

そしてこの冬に孵化したメダカの稚魚たちは平均1cmほどに育った。↓

うれしいのは錦鯉のようなカラフルな体色を持ったメダカが生まれたこと。

写真右奥。↑

正月生まれの縁起の良いメダカなので春になったら別容器に移して大事に育てる予定。

今のところ2匹確認できたから雌雄であって欲しい。

この冬に生まれたメダカの稚魚たち。↑

水温は25度に設定。エサは朝夕の2度与えている。

情報を得る前のページ

魚を与えるか、釣り方を教えるか次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    ハゼ釣りガイド最終日の準備

    2022-12-01(木)建築会社のS社長と…

  2. ベルのしっぽ

    タダでは帰らない

    2023-03-01(水)清水港での2度目の…

  3. ベルのしっぽ

    1年ぶりに歯医者に行く

    2022-12-23(金)ちょうど1年前に治…

  4. ベルのしっぽ

    永遠の悩み

    2019-06-07(金)『しっぽ』はあって…

  5. ベルのしっぽ

    逃げるが勝ち

    2021-10-10(日)昨日、鮎釣りの帰り…

  6. アベの釣り自慢

    とんだ初鮎釣り

    2022-06-08(水)昨日の定休日(7日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    気分転換
  2. アベの釣り自慢

    浜名湖でハゼの外道連発&チニング
  3. ベルのしっぽ

    釣りの帽子
  4. ベルのしっぽ

    朝採り
  5. ベルのしっぽ

    17年連続17回目
PAGE TOP
Translate »