ベルのしっぽ

情報を得る

2023-01-27(金)

開店と同時にシーガルフォーのSさん(名古屋市)がご来店。

30分ほどで点検とカートリッジ交換終了。

費用は輸入品なので2割ほどの値上がり。

交換済みのカートリッジは燃えるごみで処理できるそうだ。↑

本体はビルトインで見えない。

担当のSさんは静岡もエリアなのでいろんな情報を教えてくれる。

今日は下山村(豊田市)~西尾市とまわられるらしい。

浄水器前のページ

真冬に生まれたメダカたち次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    夏休みの宿題のような・・・

    2021-08-29(日)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  2. ベルのしっぽ

    秋みょうが

    2022-09-25(日)夏みょうががいっぱ…

  3. ベルのしっぽ

    3歳児のハゼ釣り

    2021-09-12(日)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  4. ベルのしっぽ

    屋上の日除け作り

    2022-05-04(水)渋滞が嫌で釣りに行…

  5. アベの釣り自慢

    激込みの馬瀬川鮎釣り6回目

    2023-07-19(水)昨日の定休日は今シ…

  6. ベルのしっぽ

    ズドーン君

    2022-04-24(日)Abeタオルを制作…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    工事の合間をぬっての楽しみ
  2. ベルのしっぽ

    便利なアルパカストーブ
  3. ベルのしっぽ

    寒くてもメダカの産卵が続く
  4. ベルのしっぽ

    K君準優勝3連発
  5. アベの釣り自慢

    奇跡のチニング6回目
PAGE TOP
Translate »