ベルのしっぽ

やっと目が出る

2024-07-07(日)

水草の種を蒔いて11日目。

ようやく芽が出た。↓

が、いつもに比べて半分の量。

メダカも例年に比べて孵化率が半分以下。

今年、稚魚まで育ったメダカはわずか50匹ほど。

10数年育てて最低の年。

柿などのように豊作と不作を繰り返す隔年結果がメダカにもあるのかもしれない。

今秋には成魚になって産卵するのでここでしっかりつなげたい。

つながった前のページ

仲間とアユ釣り次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    補欠のキャップテン

    2024-07-13(土)USからの…

  2. ベルのしっぽ

    2022年仕事始め

    2022-01-06(木)雪が舞う寒い朝。…

  3. ベルのしっぽ

    研ぎ桶作り

    2021-02-02(火)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  4. ベルのしっぽ

    久しぶりの講習会

    2021-10-22(金)今朝の血圧は119…

  5. ベルのしっぽ

    3歳児のハゼ釣り

    2021-09-12(日)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  6. ベルのしっぽ

    モエビのジュータン

    2020-05-29(金)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    7月のスタンドボード書き
  2. アベの釣り自慢

    今年初のハゼ釣り
  3. ベルのしっぽ

    講習会のイラスト描き
  4. ベルのしっぽ

    まさか子どもたちが・・・
  5. ベルのしっぽ

    ベランダの日除け作り
PAGE TOP
Translate »