ベルのしっぽ

蕎麦打ち愛好家の蕎麦

2023-02-18(土)

長年の友人である蕎麦打ち愛好家Tさん(岡崎市)が打ったばかりの蕎麦を持って来てくれた。↓

蕎麦は打ったその日に食べることが最高の贅沢。 

昨夜。↓

Tさんの蕎麦は茹で時間が20秒と極端に短い。

『茹で時間は自分の好みに合わせて作ってみて』と、アドバイスを受けているので1分からスタートして現在の20秒にたどり着いた。

食べて一番感じるのはコシの強さ。

次に香り。蕎麦湯がまたウマい。

Tさんは蕎麦打ちの有段者と一緒に研究して作られている。

店を出せる実力は十分だけど趣味の蕎麦打ちにこだわりたいそうだ。

車の中はいつでもどこでも蕎麦が打てるように道具一式を載せられている。

本職は別にあるから極限の趣味。いつも感心してしまう。

救いは魚好きなこと。

小型船舶免許の更新前のページ

鉄瓶の白湯次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    決断できない理由

    2022-01-22(土)毎朝、真っ先に中日…

  2. ベルのしっぽ

    三日間ダウン

    2024-03-14(木)疲れで三日…

  3. ベルのしっぽ

    消毒2回目

    2024-04-22(月)定休日の今…

  4. ベルのしっぽ

    株主優待が届く

    2019-04-04(木)『しっぽ』はあって…

  5. ベルのしっぽ

    毎日肥大化するオブジェ

    2022-02-09(水)わが家の居間の真ん…

  6. ベルのしっぽ

    寒くてもメダカの産卵が続く

    2022-12-03(土)12月に入ってもメ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    モエビのジュータン
  2. ベルのしっぽ

    今朝の食パン
  3. ベルのしっぽ

    今日も・・・。
  4. ベルのしっぽ

    トレーナーのYさんに依頼する
  5. ベルのしっぽ

    年を取ると忙しくなる
PAGE TOP
Translate »