ベルのしっぽ

失敗した

2021-02-20(土)

午前8時、岡崎の空です。(撮影・店の屋上から)

19日が来てついにメダカは孵化しなかった。残念。

孵化しなかった卵を処分した容器。↓

もし孵化したら冬に孵化した新記録が出るところだった。

仮に運よく孵化したとしても12月の時のように育たない可能性が高い。

メダカは本来夏の魚だから冬の産卵には無理があった。

難しいことは挑戦したくなる。

こちらはフライフィシングで使うフライ。↑

ヘアーズイヤーがあればどこの渓流もカバーできる。

ところで釣り人口は増えているのにフライFをやる人はごくわずか。

大手の釣具店でもフライコーナーはほとんど見ない。

理由はフライFを習得するのに時間がかかるのでお手軽の釣りではないこと。

僕はいつも迷ったらやっかいな方ばかりを選んできた。

それが正解だったかどうかは分からないが、少なくとも一人で楽しめる趣味があることはうれしい。

残りご飯で甘酒作り前のページ

昨日の定休日は・・・次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    開かないファスナー

    2021-11-14(日)釣り時に使うクリー…

  2. ベルのしっぽ

    初物

    2022-04-16(土)昨日は畑愛好家Sさ…

  3. ベルのしっぽ

    条件が良くても困る

    2019-05-24(金)『しっぽ』はあって…

  4. ベルのしっぽ

    毎晩ビデオ

    2022-01-13(木)このところ毎晩Am…

  5. ベルのしっぽ

    メダカ水槽の入れ替え

    2022-11-10(木)今朝は先日購入して…

  6. ベルのしっぽ

    釣りは道具で決まるのか

    2019-06-06(木)『しっぽ』はあって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    仕事が手につかない
  2. アベの釣り自慢

    タイ50匹達成
  3. ベルのしっぽ

    干し柿作り
  4. ベルのしっぽ

    あこがれ
  5. ベルのしっぽ

    明日から夏季休業
PAGE TOP
Translate »