ベルのしっぽ

例年より一か月遅いメダカの産卵

2024-05-30(木)

メダカを飼い始めて15年が過ぎた。

例年ならGWごろに産卵がピークになるが今年はさっぱり。

水草のウィローモスに産み付けられた卵を1個ずつとる。↑

卵はお椀に入れて浮かべておく。↓

この作業をしないと孵化した瞬間に親メダカが稚魚を食べてしまう。

今日現在、採集した卵の数は50個。

今日までに孵化した稚魚は12匹。かなりきびしい数。

メダカの寿命は2年なので2年間不振が続くと全滅する。

初めての危機。原因は分からない。

1匹1匹大事に育てて何とか自力で乗り越えてみたい。

達成感が生きがい前のページ

月に一度の歯医者さんの日次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    僕の玉手箱

    2023-04-27(木)昨夜もフライを巻い…

  2. ベルのしっぽ

    野球強豪校からの講習会依頼

    2021-11-04(木)三重県の高校から電…

  3. ベルのしっぽ

    聖火リレー

    2021-04-03(土)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  4. ベルのしっぽ

    鮎ダモ

    2019-06-19(水)『しっぽ』はあってもなくて…

  5. ベルのしっぽ

    あじさい

    2023-06-11(日)アジサイの季節到来…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    釣りの幅を広げる
  2. ベルのしっぽ

    自然の力
  3. ベルのしっぽ

    ロールオーバー完了
  4. ベルのしっぽ

    スマートキーの電池交換
  5. ベルのしっぽ

    チェリーシュリンプの産卵
PAGE TOP
Translate »