ベルのしっぽ

メダカの産卵床

2021-07-24(土)

午前8時、岡崎の空です。(撮影・店の屋上から)

貴重な紅帝ヒレナガが卵を持ったので釣りの浮きを使って産卵床を作った。

園芸用の麻ヒモをカットして浮きに巻き付けて完成。↑

これをメダカ水槽の中に浮かべて置く。

麻ヒモと浮き。↑

店内水槽にも1つ浮かせてある。↑

紅帝ヒレナガは他のメダカと異なることがある。

なかなか産卵しない。

やっと産卵しても卵の孵化率が極めて悪い。

せっかく孵化しても今度はうまく育たないなど難易度が高いメダカ。

こういう難しいメダカを育てることにやりがいを感じている。

その点では釣りも同じだ。

エサを使わない釣りに徹している。

変化前のページ

気になってしょうがない次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    月に一度の歯医者さんの日

    2024-04-26(金)今日は月に…

  2. ベルのしっぽ

    ウエーダーの補修

    2021-10-03(日)昨夜は水漏れした予…

  3. ベルのしっぽ

    メダカが見えない

    2020-06-11(木)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  4. ベルのしっぽ

    群馬県から釣友

    2020-02-15(土)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  5. ベルのしっぽ

    外メダカ水槽の掃除

    2023-03-05(日)昨日はトレーニング…

  6. アベの釣り自慢

    雨の中の釣り

    2023-10-10(火)昨日の定休…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. アベの釣り自慢

    二連勝なるか
  2. ベルのしっぽ

    3カ月が過ぎた
  3. アベの釣り自慢

    終わったはずなのに、釣り
  4. ベルのしっぽ

    自家製のメロン
  5. ベルのしっぽ

    天然アマゴの塩焼き
PAGE TOP
Translate »