ベルのしっぽ

夏休みの宿題のような・・・

2021-08-29(日)

午前8時、岡崎の空です。(撮影・店の屋上から)

天高く茄子肥ゆる秋 

僕が毎日欠かさずやっていることの一つにメダカの世話がある。

水槽のメダカを注意深く観察。↑

親メダカが抱卵した翌日に水草のウィローモスを取り出して卵を採集。

長年の経験からいろんな水草の中でウィローモスへ卵を付着させることが断然多い。

採集した卵はメダカの種類別に孵化容器に入れる。↑

仔魚~稚魚の内は不安定なため小さな容器で飼う。理由は細やかな世話が出来る。

次に5mmくらいに育った幼魚を選別。

成魚用の容器に移す。↑

この時に採集した卵と孵化した稚魚の数、移動させた幼魚数を記録する。

まるで小学生の夏休みの宿題のようなことを続けている。

ちなみにメダカの孵化直後は仔魚(しぎょ)。

その後、稚魚(ちぎょ)→幼魚(ようぎょ)→若魚(わかうお)→成魚(せいぎょ)となる。

メダカの平均寿命は2年くらいだから気に入ったメダカは2年間の間に次の世代を育てておく必要がある。

この循環の手助けがなかなかおもしろい。

竿の修理前のページ

大苦戦で何とかつなぐ次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    今年4回目の歯医者に行く

    2021-11-12(金)今日は仕事の途中で…

  2. ベルのしっぽ

    ムエタイ

    2019-08-30(金)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  3. ベルのしっぽ

    はちみつパン

    2020-01-17(金)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  4. ベルのしっぽ

    トラウマだったバンブーロッド

    2022-04-10(日)今更ながらだけどフ…

  5. ベルのしっぽ

    毎朝の行動

    2021-12-19(日)店の掃除を終えると…

  6. ベルのしっぽ

    多治見市へ行かれたMさん

    2022-04-08(金)屋上栽培のみょうが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    往復4,000歩
  2. ベルのしっぽ

    タオルのデザイン
  3. アベの釣り自慢

    ルアーのタイ釣り32回目
  4. ベルのしっぽ

    偶然に驚く
  5. ベルのしっぽ

    釣りの翌日は・・・
PAGE TOP
Translate »