ベルのしっぽ

僕の玉手箱

2023-04-27(木)

昨夜もフライを巻いた。↓

集中して作っていると日付が替わってしまう。

こちらはフライタイイングの道具入れ。無垢材で40年以上使っている。↓

約9キロの重量。

その中身は?

フライを作る道具と鳥の羽根などビッシリ。↑

フライ作成はまず作りたいサイズのハリ(フック)を選ぶ。↓

フックBOXの中から今飛んでいる水生昆虫にマッチしたフックを選ぶ。

フックをバイスに固定。↓

まず、ボディから巻く。

魚から水面に浮いたフライを見ると、その時に飛んでいる水生昆虫のシルエットがモノクロで見えると思う。

ただし、本物の虫は胴体が太陽の光で反射する。

それを演出するために胴体をクジャクの羽根で巻く。↓

先週の釣りでは明らかにクジャクを使ったフライに魚が反応した。

速い流れは瞬時に魚が目視出来るかどうか?光ることはポイント。

1本取って胴体に巻き付けて行く。次にテールとインジケーター(赤)を固定。

次にグリズリーを1本抜き取る。↑

インジケーターの周りをグリズリーで巻き上げて瞬間接着剤を一滴垂らして完成。↓

フライフィシングはこうして自作したフライで魚を釣ることに感動がある。

僕が遠くまで行って1匹釣って満足するのもこの過程があるから。

今までコツコツと作って来た自作のフライ。↑

水生昆虫の種類に合わせて作っていたらこんなに多くなってしまった。

フライ作りのすべてが入ったフライタイイングボックス。↓

僕の玉手箱。

渓流釣りの副産物前のページ

気分転換次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    10年ぶりの電話

    2021-06-04(金)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  2. ベルのしっぽ

    フライフィッシング7回目

    2023-06-06(火)昨日の定休日は単独…

  3. ベルのしっぽ

    ハナニラ

    2022-04-02(土)屋上のハナニラが咲…

  4. ベルのしっぽ

    シーバスの塩焼き

    2019-07-07(日)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  5. ベルのしっぽ

    居酒屋から電話が入る

    2022-06-23(木)昨夜8時過ぎに携帯…

  6. アベの釣り自慢

    2024初チニング

    2024-04-23(火)定休日の2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    倉庫整理からスタート
  2. ベルのしっぽ

    危なかった体験談
  3. アベの釣り自慢

    仕事後の釣り10回目
  4. ベルのしっぽ

    練習場所がない
  5. ベルのしっぽ

    講習会の仕事が入った
PAGE TOP
Translate »