ベルのしっぽ

トラウマだったバンブーロッド

2022-04-10(日)

今更ながらだけどフライフィッシングがおもしろい。

僕が始めた40年前はカーボンロッドで釣っていた。

カーボンは多少キャステングが悪くてもフライは飛んでくれる。

アメリカ製オービス社のグラファイトカーボンロッド#4。↑

かなり使い込んでコルクのグリップは真っ黒。

ところが再度始めたフライフィッシングはバンブーロッド(竹)を使っている。

竹はカーボンに比べて曲がりと戻りが遅いのでキャステングが難しい。

その分、使いこなせれば優雅な釣りが出来る。

フランス製のバンブーロッド、ペゾン&ミッシェル#4。↑

僕は当時からバンブーを持っていたが竹は重いし、キャステングの難しさで使いこなせていなかった。

それが不思議なことに今はバンブーがおもしろい。

ただし、バンブーは折ってしまったら修理が効かず、フライショップを通して生産国まで注文するので最低1年かかる。

実はこのペゾン&ミッシェルのトップを当時、木の枝にぶつけて折ってしまった苦い苦い経験あり。

為替も現在の倍以上だったからとても高くついて、それが原因でトラウマになる。

バンブーは怖いと。

長い年月が過ぎて今、やっと解放された。

Hさんのトレーニング指導前のページ

22年初ヒット次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    コーヒーを入れる

    2023-02-25(土)今朝もメダカ2匹の…

  2. ベルのしっぽ

    久々の講習会へ

    2020-07-02(木)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  3. ベルのしっぽ

    暑さでメダカたちが大変

    2022-06-24(金)今朝、屋上に上がる…

  4. ベルのしっぽ

    見切り千両

    2021-09-02(木)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  5. ベルのしっぽ

    まさに自業自得です

    2023-04-04(火)昨日の定休日は孫娘…

  6. ベルのしっぽ

    新作

    2024-01-20(土)今日は今年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    ネコヤナギの花
  2. ベルのしっぽ

    物干しスタンドの組み立て
  3. ベルのしっぽ

    便利なインスタントセメント
  4. アベの釣り自慢

    渓流釣りのような鮎釣り
  5. ベルのしっぽ

    メガネ洗浄機
PAGE TOP
Translate »