ベルのしっぽ

ハリ結び器

2022-08-28(日)

前回のキス釣り時にハリのすっぽ抜けが連発した。

キスは前アタリでブルン、ブルンと竿先に大きな衝撃がある。

そのタイミングで合わせて釣るのだが、そこで肝心なハリだけが糸からすっぽ抜けた。

現地でハリと糸を手で巻いていたがしっかり巻けていなかったことに尽きる。

そこで過去に購入して使っていなかったハリ結び器を引っ張り出してきた。↓

ハピソンのハリ結び器。

ハリと糸をセットしてスイッチを入れるだけで簡単にハリと糸が結べる優れもの。

僕は器械でハリを結ぶことは釣り師として恥ずかしいと思っていた。

しかし、ハリのすっぽ抜けで逃がしたキスの数の方が多かったことに強いショックを受けた。

こうして釣りも自動化に頼ることにした。

ころたん前のページ

ハゼ釣りは難しい次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    2024-05-10(金)プランター…

  2. ベルのしっぽ

    水草のトリミング

    2023-03-26(日)昨日は月に一度の水…

  3. ベルのしっぽ

    凄い人に引っ張られる

    2022-12-07(水)なぜそこまでがんば…

  4. ベルのしっぽ

    年無しを食べる

    2020-03-04(水)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  5. ベルのしっぽ

    紹介

    2023-06-10(土)昨日は月に一度の税…

  6. ベルのしっぽ

    今年の花粉症はひどかった

    2023-04-07(金)目の痛みと頭痛。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    階段から落ちた
  2. ベルのしっぽ

    恩返し
  3. ベルのしっぽ

    講習会は中止その代わりに
  4. ベルのしっぽ

    決断できない理由
  5. ベルのしっぽ

    25年使っている羽根ほうき
PAGE TOP
Translate »