ベルのしっぽ

稚魚メダカの仕分け

2023-04-05(水)

昨日の定休日は山菜の植え付け後に稚魚メダカの仕分け作業をした。

僕が一番春を感じるこごみ。↑ 渓流釣り中に見かけるが採ってきたことはない。

今年生まれたメダカの稚魚たちの一部。↑

これを赤、白など色別に仕分けた。↓

ブラックメダカの水槽。↑ うようよ居るけどよく見ないと気づかない。

びっしり生えたウィローモスに卵を産み付けて産卵するが孵化した瞬間に親に食べられてしまう。

増やすために産卵後ウィローモスを取り出して卵だけ採集している。

こうして世代交代を補助。

ちなみに手を抜くとメダカは2年が寿命なので全滅する。

まさに自業自得です前のページ

月に一度の歯医者の日次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    初アユ明暗

    2021-05-14(金)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  2. ベルのしっぽ

    水槽から見た仕事場

    2019-07-13(土)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  3. ベルのしっぽ

    メダカの新しいお家

    2019-08-03(土)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  4. ベルのしっぽ

    九州遠征講習会3連発・無事終了

    2022-12-13(火)12月9日、午前0…

  5. ベルのしっぽ

    乙川沿いをウォーキング

    2022-02-16(水)昨日の定休日は岡崎…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    網走の流氷
  2. ベルのしっぽ

    10年日記を9年目でやめた理由
  3. ベルのしっぽ

    アースドリル機で基礎工事が始まった
  4. ベルのしっぽ

    あぁ~フルブラックグッピー
  5. ベルのしっぽ

    水槽のレイアウト
PAGE TOP
Translate »