ベルのしっぽ

コケの仲間ウィローモスの活着

2023-12-23(土)

水草を流木などに根づかせることを活着と言い、活着はアクアリウム愛好家のよろこびでもある。

写真↑はウィローモスが育って発砲スチロールのヘチに活着したところ。

ウイローモスが容器全体に活着したので水が湧き水のように透明になった。

花のように見えるのは胞子。これでこの容器は安泰。

今朝の水温は1度。

メダカやモエビたちは水草の中で冬眠中。

隠れて見えなくなったメダカたち。↑

冬眠中はエサを食べないのでエサ切りしている。

氷が張る時は保温用のフタをかぶせている。これで春までは水の補充だけ。

冬を越して来春にでっかく成長したメダカやモエビを見ることが楽しみ。

一日が早い前のページ

日課次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    師走の発表会

    2019-12-20(金)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  2. ベルのしっぽ

    蟹の宿

    2019-11-01(金)今朝8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  3. ベルのしっぽ

    フランスの虫よけスプレーをいただく

    2022-07-27(水)昨日の定休日は孫娘…

  4. ベルのしっぽ

    ジャンボピーナッツ

    2021-10-07(木)昨日は畑愛好家Sさ…

  5. ベルのしっぽ

    Tさんの手打ちそば

    2024-01-18(木)開店直後、…

  6. ベルのしっぽ

    消毒

    2024-04-11(木)今朝一番で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    Tさんの手打ちそば
  2. アベの釣り自慢

    強風の中でタイ釣り
  3. アベの釣り自慢

    午後からアユ釣り
  4. ベルのしっぽ

    定休日の仕事
  5. ベルのしっぽ

    倉庫会社訪問
PAGE TOP
Translate »