ベルのしっぽ

コケの仲間ウィローモスの活着

2023-12-23(土)

水草を流木などに根づかせることを活着と言い、活着はアクアリウム愛好家のよろこびでもある。

写真↑はウィローモスが育って発砲スチロールのヘチに活着したところ。

ウイローモスが容器全体に活着したので水が湧き水のように透明になった。

花のように見えるのは胞子。これでこの容器は安泰。

今朝の水温は1度。

メダカやモエビたちは水草の中で冬眠中。

隠れて見えなくなったメダカたち。↑

冬眠中はエサを食べないのでエサ切りしている。

氷が張る時は保温用のフタをかぶせている。これで春までは水の補充だけ。

冬を越して来春にでっかく成長したメダカやモエビを見ることが楽しみ。

一日が早い前のページ

日課次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    フライマンのNさん

    2022-07-24(日)昨日はお客さまでフ…

  2. アベの釣り自慢

    チニング今度こそ

    2022-03-30(水)定休日の28日は今…

  3. アベの釣り自慢

    落ちて行くハゼを追った

    2021-11-16(火)昨日の定休日は単独…

  4. ベルのしっぽ

    釣りのプロご来店

    2019-04-19(金)『しっぽ』はあって…

  5. ベルのしっぽ

    釣り具の補充

    2022-09-16(金)釣りの後は紛失した…

  6. ベルのしっぽ

    自然薯

    2023-03-31(金)ホームセンターで自…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    1年ぶりに歯医者に行く
  2. ベルのしっぽ

    お客さまからの釣り情報
  3. ベルのしっぽ

    準備は出来たけど
  4. ベルのしっぽ

    ブリ
  5. ベルのしっぽ

    足場工事
PAGE TOP
Translate »