ベルのしっぽ

何かおかしい雨の中のチニング

2022-05-10(火)

昨日の定休日は雨の中、単独で浜名湖へチニングに行った。

午後6時半ごろからウエーデングしてチニング開始したが何かがおかしい。

正体はこの時期にあるはずがない青藻だった。↓

キャストするたびにルアーにべったりと付着してくる。

ウエーダーのブーツにも絡まるので海中の歩きがかなりキツい。

藻が付き難いルアーを選択して対処法を探りながら釣ったが1時間30分当たり無し。

その時に何かが触れたようなかすかな違和感を感じた。

藻ではないからアタリだろうか・・・?

再びルアーチェンジして同じポイントを狙う。

午後8時。

グッと押さえ込むようなアタリに素早く合わせるとヒット!

強烈なタイの引きに夢中になってやり取りしながら寄せた。

ネットイン。↓

38cmのキビレだった。

時合いと思い、即釣りを開始したがアタリなし。

雨でこんな状況だから1匹で満足した。

午後8時30分。

相変わらず青藻が邪魔をするので釣りを止めようと思った瞬間にヒット。

2匹目は39cmのキビレ。↑

これもアタリは小さくヒットすると、もの凄い勢いで走り回った。

午後9時。

まさか、と思いながら釣りを続行していると3匹目がヒット。

3匹目は30cmのキビレ。↑

午後9時30分。

潮が変わり、左サイドに潮目が出来たので移動してそこを狙うと4匹目がヒット。

31cmのキビレ。

想定外の大釣り達成。

ここで海から上がった。

不思議なことにすべて30分間隔でヒットした。

自信になったのは4回の小さなアタリをすべてヒットに持ち込んだこと。

昨年までと明らかに違うのは青藻だけではない。

アタリの極端な少なさ。

昨夜は3時間で4回だけ。例年なら20回以上はある。

アタリもモゾッと感じたら即合わせを入れないと釣れない。

今まではタイがルアーを突っつくように追従してくるので3回目くらいの大きなアタリを待って合わせていた。

今年はその追従が無いのだ。

一発勝負の感じ。

昨夜の釣果。↑

今朝、キビレの腹を捌くとこの時期アサリの殻で腹がパンパンに膨れているはずなのにペッソリ。

僅かなアサリの殻は出てきたがほとんどが海藻類。

浜名湖でアサリが採れなくなった理由が分かる。

確実に釣りは難しくなったが釣りのヒントは得た。

これで9戦3勝6敗。トータル7匹。

昨年の61匹まであと54匹。

青藻とキビレ。↑

毎日の作業前のページ

便利なカーゴ次のページ

関連記事

  1. ベルのしっぽ

    残りご飯で甘酒作り

    2021-02-19(金)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  2. ベルのしっぽ

    二日目

    2020-11-19(木)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  3. ベルのしっぽ

    今朝もパン焼き

    2021-03-21(日)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  4. ベルのしっぽ

    強風

    2021-10-23(土)屋上に上がると強風…

  5. ベルのしっぽ

    初段になったK君と勝負

    2021-03-22(月)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

  6. ベルのしっぽ

    一斗缶で燻製作り

    2020-06-03(水)午前8時、岡崎の空です。(撮影・店…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ベルのしっぽ

    岡崎宿
  2. ベルのしっぽ

    自粛すべきか
  3. アベの釣り自慢

    26連勝なるか
  4. アベの釣り自慢

    アユ釣り4回目
  5. ベルのしっぽ

    僕のアユ釣りはいつから
PAGE TOP
Translate »